留袖はレンタルを利用しよう|ビューティーマル得術

ウーマン

七五三のお宮参り

和服

パパママも和式で

七五三のお宮参りには、子どもの和装をレンタルされる方も多いと思います。そのときに、是非パパママも和装でお出かけしてみてはいかがでしょうか。衣装を借りる場合、専門のお店と、七五三の写真撮影をする写真スタジオなどでレンタルする方法があります。専門のお店で借りる場合は、豊富な衣装の中から選ぶことができ、また、小物も充実していることが多いようです。写真撮影をする大手写真スタジオで借りる場合は、選べる衣装は限られてきますが、撮影とパックになっているので、価格が抑えられたり、撮影と衣装とでかかる合計金額が明瞭なので、予算オーバーにはなりづらいようです。写真スタジオの場合は特に、七五三の時期を少し早く、または遅く撮影してレンタルすることで、割引が受けられるようです。

見落としがちなポイント

和装は、衣装代だけでなく、小物や着付け、ヘアセットなど、いろいろと必要になります。レンタルする前に、表示されている費用がどこまで含まれているのか、質問をしてください。また、当日になって、かんざし、足袋、肌襦袢なども借りることになり、別料金になったり、クリーニング代を請求されてしまうこともあります。持ち込みできるものがあるのか、また、持ち込んでOKなのかも事前に確認してください。また、普段しない和装は、サンプル写真では気にならなくても、素材感のグレードが実際と違っていることもあります。帯や帯止めなどの小物との組み合わせで印象が変わります。できれば、サンプル写真だけでなく、実際に衣装を見せてもらって選んでください。