留袖はレンタルを利用しよう|ビューティーマル得術

ウーマン

日本伝統の美しい民族衣装

着物

着物の長所へ目を向ける

和服とは日本在来の衣服のことです。着物とも言われているので、若い人たちも成人式などで着る機会があります。しかしながら、だんだんと着物を着る機会が減ってきたことは事実です。洋服のように簡単に着ることができないとか、着物自体を持っていない人たちが増加していることも背景にあります。一昔前のように、祖母から母親へそして、子供の自分にという段階を経て、受け継がれることが少なくなったこともあります。けれども、いくら体格が良くなったとは言え、日本人の体型には、洋服よりもやはり和服が合うことは真の事実です。日本の文化である和服の長所はたくさんあるので、それについて、色々ともう一度目を向けてみることも大切です。

美しい色や素材の豊富さ

和服の特徴としては重ね着の美しさがあります。まず、長襦袢は、季節に合わせた柄を着て、着物の袖から、チラリとみえる差し色などは、とても粋です。さらにその上に着る着物は季節の先取りをすることが一般的ですが、日本の四季に合わせた柄行きはとても日本文化独特の素晴らしいものです。素材も絹、夏の麻等、自然素材の反物で作られているものがほとんどです。近頃では、汚れても洗える和服が出てきて、より身近に着ることができるようになりました。さらには、最後に締める帯も帯締めや帯揚げとの色で着物が地味であってもその組み合わせによって、渋くも若々しくできる特徴があります。ただ、振袖を成人式の時に着て終わってしまわずに、日本独自の和服の良さを見直すべきです。